月別アーカイブ 2022年3月19日

投稿者:repairkingcenter_8kfd4l

修理不可のスマホやタブレットの行方

自分で修理できない時のお話ではなくて、アップルストアやiPhone修理店に持ち込んでみても、パーツ交換だけでは修理できないことが判明したとき、さて、どうしたらいいでしょうか?
そんな時の対処方法をシンプルに紹介します。

これは直せないヤバイ壊れ方

次の様な場合は頑張ってみますが修理できない場合が多いです。

  • フレームが曲がっている場合
    目に見えて曲がっているのは当然ですが、微妙に捻じれていたり曲がっている場合も難しいです。
    画面交換した時に上手くはまらない場合があり、防水シールを綺麗に貼りなおしても防水性能も全く機能しなくなります。
  • 基板に損傷が出ている場合
    壊れたときの振動や衝撃で、本体内部の基板が損傷することがあります。軽微な基板損傷の場合は修理できる場合もありますが、実際に内部を確認するまで分かりませんので、割と高額な基板修理の基本代金がかかる上に直らないこともあるので、よほどの場合以外は修理されないことが多いです。
  • 画面割れでは済まないくらいぐちゃぐちゃになってる場合
    内部にも損傷が及んでいる場合が多いため、主要パーツ交換後に各パーツの動作確認をします。この時点で音が出ない、録音できない、タッチがおかしい、色が変などの症状が出ると、さらに関係ある部分のパーツを交換してゆきます。これで修理できればいいのですが、できないことも多いです。修理できなくてもパーツの付け外しや調査をしていますので基本料金などが発生してしまいます。
  • 海水水没、その後通電を何度も試みた場合
    水没した時は、本体パーツを綺麗に外して内部をアルコールや蒸留水で洗浄して綺麗に乾燥させて復旧させます。こうすることで水没時の汚れや塩分を洗い流します。汚れや塩分が原因で、電流を余計な回路に流してしまうなど正しく動かなくなります。これらを綺麗にすることで元の状態に戻すのが水没復旧ですが、通電や充電を繰り返すと流れてはいけない部分に電気が流れたりしますので、修理不能な状態になってしまいます。

文鎮や漬物石になってしまったスマホやタブレットの行く末は・・・

直せなくなったスマホやタブレットは文鎮とか漬物石と呼ばれることがあるのですが、つまり何の役にも立たない重たい石扱いです。かといって、そのままにするわけも行かず、ゴミとして捨てることもできないと思います。そういう時にはこちらの姫路の不用品回収会社に依頼するのがおすすめです。

まとめ

完全に壊れてしまったiPhoneやiPadは、安心して任せられる不用品回収会社に依頼するのがベターです。